トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

キノコ狩り 森の神秘 若き研究者と奥能登の里山へ

写真

 秋の味覚キノコ。おいしいだけじゃなく、森の生態系や里山再生にも重要な役割を果たしている。先月中旬、石川県の能登半島を拠点に活躍する若手研究者、赤石大輔さん(34)に案内してもらい、珠洲市の保全林でキノコ狩りを体験。豊かな自然に触れ、生態系の仕組みも学んできた。(担当・小椋由紀子)

生態系維持に貢献

 この時季、食卓に並ぶことの多いキノコは、まだまだ謎の多い生き物という。まずは予備知識を得るため、赤石さんに話を聞いた。

写真

 キノコはかつて植物に分類されていたが、正しくはカビと同じ菌類。普段は地面の下で菌糸を広げ、ある時ふっと地上に現れる。その地上に出ている部分が、私たちがいつも目にする食べるところ。赤石さんは「国内で3000種ほど確認されているが、全体のごく一部でしかなく、名前がないものがほとんど」と説明する。見つけにくく、似ているものも多いため、分類が難しいそうだ。

 キノコは自分で栄養を作れない。落ち葉を分解して生きるものもいれば、木から栄養をもらう代わりに乾燥や病気から守ったり、親木と幼木をつないで栄養を受け渡すなど、植物と複雑な関係を築いて森の維持に役立っている種類もある。

 「能登はブナやアカマツなどさまざまな種類の森林があって、キノコも豊富。製塩や瓦造りが盛んで大量の薪を使うため、山にも適度に手が入り、良い環境が保たれてきた」と赤石さん。だが昨今は人々の生活が変わり、放置された里山は荒れた森になりつつある。生えている木の種類が変わることで、なじみのキノコが減少。知識を持つ人も減っているという。

こつはキノコアイ

 生態や里山について理解を深めたところで、いざキノコ狩りへ。赤石さんが研究を続ける保全林をめぐるツアーに先月18日、参加。県内の7人が一緒に回った。

赤石大輔さん 石川県珠洲市でキノコを軸にした里山再生や調査に取り組む。専門は生態学。金沢大大学院などを経て、今年から同市の自然共生研究員「キノコ博士」としてキノコ狩りや勉強会の講師なども努める。

写真

 保全林は、5年前から地元のNPOやボランティアが草刈り、間伐などの管理をし、マツタケが採れる山への再生を目指している。目をこらし進んで行くと…あった!にょきっと生えた茶色の物体を発見。毒のあるテングタケという。よくみると、あちこちに点在している。

 赤石さんによると、探すコツは目を、その名も「キノコアイ」にすること。木の根元に意識を集中し、他の植物はシャットアウトする。菌糸のつながり具合で輪っか状に生えてくることもあり、欧米では妖精が踊る姿になぞらえて「フェアリーリング」と呼ぶそうだ。なんだかロマンチック…。

 人の手の入った林は適度に光が入り、穏やか。マツタケはまだないというが、ここ最近は松林に生える菌類が復活してきている。

 約1時間の散策で、ベニヒガサ、カワラタケ、トキイロラッパタケなど21種類が見つかったが、食べられるのは4種類だけ。あとは毒があったり、食用には不向きという。

 「キノコには危険なものも多い。見分けるのは本当に難しいんですよ」と赤石さん。山には所有者がいて勝手に入ってはいけない。観察するのも食べるのも注意が必要だ。

 石川県奥能登地方では、里山で採れるキノコを生かした取り組みも活発だ。農家民宿や自然体験ができる能登町の「春蘭(しゅんらん)の里」では、いつでも天然物が味わえるよう会員農家が山の整備に励み、調査や勉強もしている。キノコ狩りは11月末ごろまで体験できるという。

写真

料理、染め物 活用幅広く

 キノコの染め物=写真(左)=に挑戦する若手染織家もいる。能登の植物を使った草木染ブランド「手染めや椿姫」を作った珠洲市の落合紅さん(34)。青緑色のロクショウグサレキンや赤いヒイロタケなどを砕いて煮出し、絹や麻を染めると、美しい青や黄色になる。落合さんは「色の入り方などが独特で面白い」と話す。ゆくゆくは特産品にし、採取から染色までを楽しむエコツアーもしたいと考えている。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索