トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

北陸インディーズ あいのり発進 来月、金沢で20組集結フェス

9月のフェスに出演するNINGEN OK。ギターとドラムの激しい独特の演奏スタイルで注目を集め、県外のライブ出演も増えている

写真

 北陸のインディーズ音楽が勢いづいている。大手レコード会社に所属せず、石川、富山を拠点に活動するアーティストのCDやアナログ盤の発売が相次ぎ、ライブ活動も幅広い。9月15日には、ロックやヒップホップなどジャンルを超えた地元の20組が出演する。初の音楽フェスを金沢で開催する。企画したメンバーの熱い思いに迫った。

地元の音楽 地元で聞いて

 「NONSTOP BUS」と名付けられたフェスは、アーティストや観客が金沢に集まり、新しい音楽や出会いが生まれる「場」を目指している。いろんな乗客が乗り込み、目的地までの時間や空間を共有するバスのように。

写真

 特徴は地元のバンドやグループなどを中心に据えたこと。「まちの規模からすると、自慢できるくらい面白い人たちがたくさんいる。北陸以外から豪華なゲストを招いて終わりでは意味がない」と、フェスを企画したYOCO ORGANの大谷内真郷(まさと)さん(32)と柳谷幸浩さん(33)が強調する。

 金沢を拠点に15年間活動する2人。多くのフェス出演者と同様、音楽以外の仕事で生計を立てている。「上京すればチャンスは増えるが、流行の音楽に流されてしまう懸念もあった」。自分たちの手でライブの機会をつくり、金沢で生まれた音楽を広く知ってほしい、との熱意が詰まっている。

仲間とフェスを企画し出演するYOCO ORGAN。ヒップホップを軸にダブステップなども取り入れた楽曲に日本語ラップを乗せる

写真

 イベントには、先月、国内最大の音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL」の新人ステージに出演を果たしたロックバンドNINGEN OKも登場。彼らを含め、ロック、ヒップホップ、テクノ、ハウス、電子音楽、アコースティックなど出演者のジャンルは幅広い。いろんな音楽が朝まで鳴り続ける勢いも名前に込めたという。

 街中のにぎわいづくりのため、会場は片町のクラブ3カ所を貸し切って同時開催。1000人の動員が目標だ。学生にも遊びに来てほしいと、クラブ系の音楽イベントでは珍しく学割も設定。未成年の入場は午後10時までにする。

フェスに向け結束する大西さん(後列左)、大谷内さん(同左から2人目)、柳谷さん(同右から2人目)、藤井さん(同右)ら

写真

 裏方も力が入る。代理店やスポンサーをつけず、企画・運営は出演者らの手弁当。長年、音楽イベントを手掛けてきた藤井敬嗣(たかし)さん(37)は今回のフェスを通じて、その蓄積を若い世代につなぎたいという。「せっかくのアーティストも、いい裏方がいないと育たないから」

学割も用意 動員1000人目標

 運営スタッフの大西恒輔さん(27)は「フェスが、普段聴かない音楽を知るきっかけになれば。地元アーティストの音源を買ったり、自ら音楽を志したりする若者が出てきたらうれしい」と期待する。地元のミュージシャンが出演を目指すイベントに成長させることが、出演者、裏方双方の願いだ。

 NONSTOP BUS2012 9月15日、金沢市片町のブラザービル内のMANIER、MATERIAL、EIGHT HALFで開催。午後5時半開場。地元からLIKE EACH OTHER、ASUNA、石川征樹ら約20組が出演する。北陸以外からはロックバンドギターウルフら4組を予定。チケットは前売り3500円(当日4000円)、学割2000円、3人1組で9000円のグループ割も26日まで限定50組受け付け。出演アーティストの情報は、ネットで「NONSTOPBUS2012」で検索。

写真

金沢のレコード店主 堂井さんに聞く

アーティストの交流 意欲的な音源産んだ

 盛り上がりを見せる北陸のインディーズシーン。地元の音楽事情に詳しい金沢市のレコード店everyday records店主の堂井裕之さん(44)にその背景を聞いた。

 2010年ごろからジャンルの違うアーティストの交流が活発になり、意欲的な音源の制作につながった。イベントを手抜きせず続けてきた人たちの存在も大きい。

 インターネットの普及で音楽や情報の発信が容易になり、地元にいながら全国レベルで評価されるミュージシャンも。金沢のCARRECはヒップホップに日本の歌謡曲“和モノ”を組み合わせた曲作りで注目され、首都圏の大手レコード店「ディスクユニオン」の部門別売り上げでトップ10入りの快挙を成し遂げた。

 富山市のDENPUNはヒップホップに民謡・越中おわら節を粋に取り入れた楽曲が話題に。地方の生活、空気感に沿った音楽が受け入れられるようになってきた。

写真

 担当・押川恵理子 ※次回は22日付HumanRecipe。切り絵作家の保下真澄さんが登場します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索