トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

晴れやか 舞い踊る 富山まつり開幕

息の合った踊りを披露する参加者たち=4日、富山駅南口駅前広場で

写真

 富山市の夏の風物詩「富山まつり」が四日、富山城址(じょうし)公園など市中心部で始まった。よさこい演舞や越中おわら踊りなど多彩な催しを開催。猛暑を吹き飛ばすような熱気に包まれ、家族連れらでにぎわった。五日まで開かれている。

 富山駅前の広場では「よさこいとやま」に全国から二十二組が参加。華麗な衣装をまとった踊り手が息の合った踊りを披露した。見物客から大きな拍手が送られ、富山県砺波市のパート梅本久美子さん(40)は「華やかでいい。熱気が伝わってくる」と見入っていた。

 富山を代表する民謡「越中おわら節」の歌唱力を競う全国大会や高校生らによるダンスなども各会場であった。城址大通りでは千人が参加する越中おわら踊りが繰り広げられた。

 五日はよさこいのステージやパレードなどがある。まつりは富山市を盛り上げようと一九六一年に始まり、昨年は二十二万人が訪れた。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索