トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

雪あかり祭り 紙風船ぷかり 南砺、きょうまで

冬空に揚がっていく巨大紙風船=10日午後0時49分、富山県南砺市中ノ江で

写真

 巨大な紙風船を揚げる恒例行事「南砺ふくみつ雪あかり祭り」(北陸中日新聞など後援)が十日、富山県南砺市中ノ江の道の駅福光で始まった。東日本大震災の復興支援をきっかけに交流する福島県南相馬市の中高生が手掛けた紙風船などが冬空に舞い上がった。十一日まで。

 福光地域の各種団体でつくる実行委員会が毎年開き、十九回目。今回は縦六メートル、横三メートルの和紙を四面貼り合わせた紙風船を約五十基用意した。福光美術館で開催中の「版画年賀状公募展」の入賞作品や、南相馬市の中高生が地元の祭りを描いた紙風船などが、ガスバーナーの熱で空高く浮かんだ。会場では食べ物の販売やステージ発表もあった。

 紙風船絵画コンテストは、城端中学校美術部が最高賞の市長賞に輝いた。天候が良ければ、十一日も午後から紙風船を揚げる。

 このほか、県関係でコンテストで受賞したのは次の皆さん。

 ▽市教育長賞=福光中・美術部▽市商工会長賞=八幡子どもチーム(南砺市)▽市観光協会長賞=福光中部小3年▽優秀賞=吉江中、福光中1年、南砺福光高・美術部

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索