トップ > 北陸中日新聞から > 北陸写真ニュース > 記事

ここから本文

北陸写真ニュース

合格の喜び 舞い上がる 富大と県立大 発表

アメリカンフットボール部員に祝福される合格者=8日午前、富山大五福キャンパスで

写真

 名残雪の中、サクラ咲く−。富山大の一般入試前期日程の合格発表が八日、富山県内三キャンパスであり、合格者計千二百七十二人が念願の“春”到来に歓喜した。実質倍率は前年より〇・六ポイント高い三・三倍で、二〇〇五年の富山医科薬科大、高岡短大との統合以降では最高だった。

 雪化粧した五福キャンパス(富山市五福)では、発表前から受験者や保護者ら三十人余が集まった。午前十時、学生会館に合格者の受験番号が掲示されると、自分の番号見つけた受験者が「やった」と声を上げて喜んだり、家族や友人と抱き合ったりしていた。

 アメリカンフットボール部員も“後輩”たちを祝福。合格者は「わっしょい」の掛け声とともに胴上げされ、何度も宙を舞った。

 人間発達科学部に合格した片山学園高三年、子浦倖雅(しおこうが)さん(18)は「番号があって、すごくほっとした。大学では社会人としての基礎を学んでいきたい」と声を弾ませた。

 富山県立大(射水市)の合格発表もあり、三百七人が合格した。実質倍率は二・三倍だった。 (酒井翔平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索