トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

「輪島朝市」商標化 待った 変化に不安、総会審議できず

「輪島朝市」の地域団体商標取得に向けた議案について議論する輪島市朝市組合=22日、石川県輪島市鳳至町で(関俊彦撮影)

写真

 輪島朝市(石川県輪島市)を運営する市朝市組合の総会が二十二日、市内であり、「輪島朝市」の地域団体商標取得に向けた議案は組合員の強い反発によって正式に審議されなかった。総会は休会となり、議案を再審議にかけるか取り下げるかなどを、臨時理事会で話し合うことになった。

組合員「説明不足だ」「急に決めすぎ」 

 「よく分からないから、まずは説明して」。商標取得に向けた議案の説明が始まると、淡々と審議されていた空気が一変。「急に決めなければいけないことなのか」「理事や組合員がちゃんと納得してから進めるべきだ」と反対意見が強い口調で次々と述べられた。

 地域団体商標は、特許庁が認定する地域名と商品名を組み合わせたもので、輪島塗、九谷焼、和倉温泉なども登録。申請には法人格が必要なため、任意団体である組合はNPO法人「輪島朝市文化振興協議会」(仮称)の設立を検討し、昨年から理事会で説明したり、十一月に勉強会を開いたりしていた。

 一方、商標取得や法人設立によって朝市運営が変化することを不安に思う組合員も多く、総会でも「説明不足」を指摘する声が多数を占めた。反対する男性組合員は「商標取得は悪いことではないが、内容を知らされてからまだ数カ月。一部の人間が内容を把握しているだけなので、そもそも議案にすることがおかしい」と怒りをあらわにした。

 小林政則組合長は「説明不足は否めなかった。今後は勉強会を重ねるなどみんなに納得してもらい、最終的に(商標を)取得できたら」と話した。

 議決には、二百五十四人の全組合員のうち三分の一が出席し、その過半数の支持が必要。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索