トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

雪かき 年末忙しく 富山県内、引き続き注意

雪が降りしきる中、道路の雪かきをする住民ら=28日午前、富山市八尾町西町で(山本真士撮影)

写真

 富山県内は二十八日、冬型の気圧配置や上空に流れ込んだ強い寒気の影響で、断続的に雪が降り、真冬並みの寒さとなった。富山地方気象台などは、二十九日夜遅くにかけて大雪となる所があるとして、引き続き注意を呼び掛けている。

 二十八日午後五時現在の積雪は、富山市猪谷が五五センチ、富山空港が一七センチ、砺波市が一〇センチ。前日夜から雪が降った富山市八尾地域では、住民たちが協力して雪かきをしていた。最低気温は上市町で氷点下四・三度、富山空港で同二・五度を記録するなど、全十地点で零度を下回った。

 県警によると、二十八日午後四時までの二十四時間にスリップ事故が六十件発生し、七人がけがをした。

 気象台によると、二十九日の県内は雪で、昼前まで雷を伴う所がある。午後六時までの二十四時間に予想される降雪量は、多い所で六〇センチ。富山市、高岡市伏木ともに朝の最低気温は氷点下二度、日中の最高気温は二度を見込んでいる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索