トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

秋 うまさ底なし 近江町 底引き初物お目見え

底引き網漁が解禁されメギスやアジの初物が並ぶ店頭=3日、金沢市の近江町市場で

写真

 日本海の底引き網漁が解禁となり、金沢市の近江町市場には三日、新鮮な深海の魚介類がお目見えした。「底引き解禁ですよー、きょうからきょうからー」と店員の呼び込みの声が響き、市場は活気に満ちた。

 鮮魚店の店頭には脂の乗ったメギスやハタハタ、ササガレイ、甘エビ、ミズダコなどが、かごに盛られてずらりと並んだ。訪れた買い物客は威勢の良い声につられて足を止め、初物を買い求めた。

 夫婦でアカガレイなどを買った金沢市の山本和之さん(72)は「年を取ると肉より魚が食べたくなる。夏場はスーパーにも魚が少なかったので、待ち遠しかった」と笑顔だった。

 今年は漁解禁日の一日が競りの休みと重なったため、出港、水揚げが一日遅れた。石川県漁協によると、初日の水揚げ量は平年よりやや多め。甘エビやメギス、ハタハタが好漁で、カレイ類は少なめだった。 (小坂亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索