トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

富富富 今年もふっくら 生育順調 10月11日発売

富富富の戦略推進会議であいさつする石井隆一知事=29日、富山県民会館で

写真

首都圏でPRイベントも

 今秋から本格販売が始まる富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の発売日が十月十一日に決まった。二十九日に富山県民会館であった富富富の戦略推進会議で石井隆一知事が明らかにした。今夏は猛暑が続いたが、高温に強い富富富は影響を受けず、順調に生育していることも報告された。

 発売日には県内スーパーなどのほか、首都圏でもPRイベントを開く。店頭やインターネットで販売を始め、東京都内のデパートや人気レストランで富富富を使ったメニューが出される予定。発売に先立ち、県内限定で十月七日に富山市総曲輪のグランドプラザで先行販売される。

 県によると、草丈や穂数などの今夏の生育は、順調だった前年と変わらない状況。約二千五百トンが収穫される見通しで、千五百トンが県内、千トンが首都圏を中心に流通する見込み。

 また、会議では生産や販売に関わる出席者から「(大相撲の)朝乃山関の懸賞旗を使ってPRができないか」「消費者と富富富の接点をもっと増やすべきだ」といった意見が出た。

 会議後、石井知事は「富富富は状態も、認知度もとてもいい。関係機関が全力を挙げて大成功となるようにしていきたい」と意気込んだ。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索