トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

ドローン 飛躍の時 富山県内でも産業活用拡大

(上)ドローンの撮影データと地上レーザー測量データを処理して作成された3D画像 (下)社屋建設予定地(向こうの草地)の整地に向けた測量撮影で飛び立つドローン=富山市で(中島健二撮影)

写真

測量、大幅に効率化/自動車学校で操縦法

 小型無人機ドローンの技術開発や用途開拓が急速に進む中、富山県内でも各種産業分野での活用が広がってきた。既に建設地の測量から整地までをドローンを組み込んでシステム化する企業も登場。富山市の北日本自動車学校は、北陸三県ではまだ珍しい操縦法などを学ぶスクールを開校して九月から授業を始める。法整備の行方など気になる点も残るが、県内でも普及が進みそうな気配だ。

 今月中旬、富山市婦中町の高台にドローン独特の飛行音が響いた。測量システム販売などを手掛ける堀江商会(富山市)の社屋建設地の整地に向けた測量という。操縦するのはドローンによる撮影、調査などを行うジャパンビジュアルサポート(富山県上市町)のスタッフ。操縦装置に入力した軌跡通りにドローンが飛行し三千七百平方メートルの敷地を細かく分割撮影した。

 堀江商会によると、地上のレーザー測量機による測量データとドローン撮影データを加工処理して三次元(3D)のデータにする。これを情報通信技術(ICT)で自動運行する建設機械に入力し整地までする。

 従来は熟練技術者が時間をかけて行っていた作業が大幅に効率化され、3Dデータは住民への説明会などで分かりやすい画像を提供できるなど効果は大きい。

 ただ県内ではドローン普及が加速した数年前から大型公共工事が少なかったこともあり業界での活用は全国より遅れ気味。両社は「早急な活用への取り組みが必要」だと訴える。

 建設分野以外でも、各種調査や農薬散布などで実用化が進むドローンだが、課題は操縦者の熟練や育成。現在、操縦に専用ライセンスなどは法的に不要だが航空法などの規制がある。

 このような県内外の動きを受け、北日本自動車学校は運転を教えるという業態を生かして富山ドローンスクールを開校した。受講者は四日間で法律やルール、気象などの座学のほか、整備点検から手動、自動操縦といった実技も学ぶ。

 受講料は二十四万円で民間ライセンス管理団体の安全運航管理者、操縦技能の証明書なども取得できる。同学校の中条充康理事長は「今後は目視外飛行が実用化され、飛躍的に用途が広がる。今こそ学ぶ時期」と呼び掛けている。

 ◇ 

 県内でも注目されるドローン。その最前線は、富山テレビ放送「プライムニュース BBTチャンネル8」(平日午後四時半から)の二十二日午後六時台「中島流!深掘りTOYAMA」で取り上げ、中日新聞北陸本社の中島健二編集委員が解説します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索