トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

初出場・野田V 競歩50キロ 輪島で日本選手権

ガッツポーズをしながらゴールテープを切る野田明宏=15日、石川県輪島市内で(関俊彦撮影)

写真

 日本陸上競技選手権大会の50キロ競歩が十五日、石川県輪島市で行われ、初出場の野田明宏(ともひろ)(22)=自衛隊体育学校=が3時間45分56秒で初優勝を果たした。今夏にジャカルタで開かれるアジア大会の代表選考を兼ねており、野田が有力選手の一人に名乗りを上げた。

 雨が降る序盤、野田は四番手につけながら、5キロ当たり22分30秒前後のペースで徐々に順位を上げ、28キロ手前で先頭に。「とにかく気持ちを切らさず、自分のペースを守ることだけを意識した」。終盤はペースを落としたが、北京世界陸上で銅メダルを獲得した二位の谷井孝行(35)=同=に6分37秒差でゴールテープを切った。

 レース後には「スピードよりも長く歩ける持久力に自信があった。(50キロに挑戦して)二戦目での優勝は自信になる」と喜びを爆発させた。これまで20キロを中心に戦い、50キロは途中棄権した二〇一六年秋のレース以来。全国クラスの大会で優勝経験はなかった。

 日本陸上競技連盟競歩の今村文男コーチ(51)は「次世代を担える選手が登場した。(選手の間に)好循環が生まれる」と指摘。アジア大会の代表には「まだステップアップの余地はあるが、世界で戦える素質はある。当然、有力な候補の一人だ」と話した。 (関俊彦)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索