トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー 2周年 主役は女子

企画展のロゴ (C)Fujiko-Pro

写真

来月1日から 企画展や新グッズ

 富山県高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーは十二月一日から一年間、開館二周年記念の企画展「原画展 F−GIRLSコレクション展」を開く。「ドラえもん」のしずかちゃんやドラミなど作品に登場する魅力的な少女たちの名シーンが描かれた原画三十点余りを紹介する。(武田寛史)

2周年記念ピンバッジ (C)Fujiko-Pro

写真

 展示されるのは、ほかに「エスパー魔美」の佐倉魔美、「チンプイ」の春日エリ、「パーマン」のパー子(パーマン3号)ら。オリジナルショートムービーの内容も「ドラえもん&チンプイ エリ様 愛のプレゼント大作戦」に変わる。新しいオリジナルグッズも登場。二周年記念ピンバッジ(五百四十円)やしずかちゃんなどのポストカード三点セット(四百八十六円)、ドラえもんシール(同)のほか、しずかちゃん、魔美、春日エリ、パー子を集めたクリアファイル(三百二十四円)もある。

 ギャラリーは高岡市美術館内。年末年始は休館だが、来年一月三日は臨時開館する。高橋正樹市長は「正月にご家族連れでぜひお越しいただきたい」と呼び掛けている。

 ギャラリーは、観覧料一般・大学生五百円、中高生三百円、小学生・幼児二百円、三歳以下無料。月曜休館。 

ポストカード(左から)しずかちゃん、佐倉魔美、春日エリ (C)Fujiko-Pro

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索