トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

脳のしわ形成 信号重要 金大・河崎教授らが解明

 体内の各細胞へ送られる、細胞の増殖を促す信号が、脳の表面にしわを作るために重要であることを、金沢大の河崎洋志教授(脳神経医学)らの研究グループが世界で初めて明らかにした。しわは高度な脳の発達に必要と考えられており、河崎教授は「脳の進化研究や脳神経疾患の原因究明、治療法開発への貢献が期待できる」と話している。

 しわは、ヒトやサルなど高等動物の脳に見られるが、実験で用いられるマウスの脳にはなく、研究が進んでいなかった。そこで、マウスより発達し脳にしわがあるフェレットを使う研究技術を開発。今年、特定の遺伝子の機能が欠損した脳を持つフェレットを誕生させることに成功した。

 細胞の増殖や組織の分化に関わる信号「線維芽細胞増殖因子」を、各細胞が受け取れないように遺伝子操作したフェレットの脳と、正常な脳を比較したところ、遺伝子操作した脳はしわが途切れていた。このことから、この信号がしわの形成に重要だと分かった。信号は脳内から発信されているとみられるが、脳内のどこから送られているかは解明されていない。

 また、遺伝子操作した脳の表面の神経細胞と、その基となる神経前駆細胞も大きく減少していた。

 脳の表面は大脳皮質と呼ばれ、ダメージを受けるとさまざまな脳神経疾患や精神疾患につながるとされる。脳のしわがなく知的障害やてんかんを併発する難病「滑脳症(かつのうしょう)」や自閉症、統合失調症などの研究が進む可能性があるという。

 この研究の論文は十四日、オンライン学術雑誌「eLife」に発表した。 (堀井聡子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索