トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

富山が西地区前期V 3年ぶり3度目 BCL

前期優勝を決め喜びを爆発させるサンダーバーズの選手ら=17日午後、富山県高岡市の城光寺野球場で

写真

 プロ野球独立リーグ・BCリーグの西地区で前期優勝までマジック1としていた富山GRNサンダーバーズは十七日、富山県高岡市城光寺野球場で滋賀ユナイテッドBCと対戦し、16−1の大差で勝ち、優勝を決めた。前期優勝は三年ぶり三度目。後期優勝チームと戦う地区チャンピオンシップへの出場権を得た。

 富山はペゲロ選手らが4本塁打を放ち、五回に打者一巡の猛攻で滋賀を突き放した。先発バリオス投手ら五投手が継投し、1失点に抑えた。

 今季は、バリオス投手やペゲロ選手ら、実力のある外国人四選手を獲得し戦力を底上げ。全二十六選手のうち在籍一年目の選手が十四人を占め、伸びしろのある若いチームに。吉岡雄二監督は「選手の個々の成長が優勝に結びついた。前期で終わりではないので、明日から後期へ向け、みんなで頑張りたい」と話した。

 富山は二〇一五年後期に西地区で優勝。〇八年はBCリーグを制覇している。 (山本拓海)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索