トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

富山県が山崎部長を副知事に起用へ

写真

 富山県は、今月末で任期を迎える寺林敏副知事(68)の後任に、経営管理部長の山崎康至氏(60)=写真=を起用する方針を固めた。開会中の県議会二月定例会に人事案を追加提出し、同意を得た上で、四月一日付で任命する。任期は四年。

 山崎氏は金沢大法文学部卒業後、一九七九年に富山県庁に入庁。厚生部長、知事政策局長などを歴任し、二〇一六年四月から現職。

 寺林氏は、あいの風とやま鉄道が新設する会長職に就任する見通し。同社は市井正之社長が退任し、後任に副社長の日吉敏幸氏を昇格させる方針。同社は、人事案を株主総会と取締役会に諮り、同意を得た上で、四月一日付で任命する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索