トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 ムクゲ

写真

 兼六園では、なぜか見どころの主役になれず、生け垣になっているムクゲ。

 アゲハチョウが飛んできた。とっさにチョウを描こうと追っかけた。動く動物や昆虫は難しい。写真を撮ろうとするが、じっとしていない。冷たくどこかに飛んでいった。

 ムクゲに対し、似た花の仲間でフヨウがある。フヨウは樹高二メートルに対し、ムクゲは四メートルと高く、葉はムクゲより小さい。ムクゲの幹は直立し分枝、枝はしなやかで、ムクゲの花はやや小さい。フヨウは全体に白い星状毛を密生、花はムクゲよりやや早めに咲き一日でしぼむ。

 なんとハワイのハイビスカスは仲間だったとは驚いた。

 (元金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索