トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 ウツギ

写真

 ウツギという木には、紅色と白色の五種の分類があって判別しにくい。

 七月、白山や医王山の登山口に行くと、タニウツギがその名の通り普通に見かけられる。

 白系ではウツギとバイカウツギがある。ウツギの白花には随分迷った。

 絵の白花は五弁花であり、四弁花の梅の花に似たバイカウツギの誤認だと分かった。

 ウツギの語源は、幹が空間になっており、そこから名がつけられた。

 金沢市の大乗寺丘陵公園では、移植された万葉の花のウツギが見られて楽しい。

 (元金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索