トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 アヤメの仲間

写真

 いずれがアヤメかカキツバタという言葉があるように、ハナショウブ、アヤメ、カキツバタは判別が難しい。

 図1はカキツバタ。兼六園では人気花の一つ。今年は早かった。区別は花弁に白い筋が入り、葉はかなり幅広いが花のスタイルがとてもいい。

 図2のハナショウブ。金沢市の卯辰山花菖蒲(しょうぶ)園は、色とりどりの花で見事である。私はこの場で何度もスケッチするが、花弁がだらりと垂れ下がったりして、形のいいものに苦労した。花びらは黄色い筋が入り、葉の中脈が隆起している。

 図3はアヤメ。花に網目模様が入っているから判別しやすい。葉は細い。

 一見して分かりづらいアヤメの仲間だが、その特徴を覚えるしかない。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索