トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 ハナショウブ

写真

 ハナショウブといえば、一輪の花より花の集合体で見るのが美しい。花色は、白、ピンク、薄紫、青などさまざまな色が重なり合って展開するが、紫系は微妙で色再現が難しい。

 特にこの花形は乱れやすく、一輪を描くとなると三つの花弁がバランスよく整っているかが大切である。

 金沢市の卯辰山花菖蒲(しょうぶ)園では、花の形のいいものを選び描いた。花弁のだらりとしたものはだらしなく「花の勢い」や「生命観」を表現しにくい。

 花の形が見苦しく崩れやすい花の代表といえば、モクレンやシデコブシなどのモクレン科やクチナシなどは、日に日に乱れる。どんな花でも、花のスタイルが一番いい時に描くのが基本である。 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索