トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・太郎冠者

写真

 江戸時代から親しまれ、茶人や文人絵師などに非常に好まれた椿(つばき)がある。椿の季節にさきがけて咲き、独特の趣がある「太郎冠者」である。

 冠者とは、成人した男子を示すが、狂言では主人に仕える召し使いの筆頭として、舞台で開口一番に登場する。椿、太郎冠者の名は、季節の先駆けに咲くことからその名前がつけられた。

 花色は複雑で、ツバキ図鑑にも紫色をおびた桃色とあるが、中心の濃い色は、ツツジ色で外に向かってナデシコの色に見え、独特の花色と樹形は日本在来の園芸種とは異質に見える。

 絵右下の断面図、中心の子房は密毛で、日本のヤブツバキと中国産との雑種だろうといわれている。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索