トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・一子侘助

写真

 “小ちゃくカワイイ”ワビスケツバキを調べてみた。花期が早く超小型のおちょこに似て愛くるしく、茶席花として人気。

 二つの流れがあって、日本の代表的ツバキ「太郎冠者」を親として、雄しべの花粉ぶくろが白っぽく退化、変形し、花の中に球状の子房に毛のあるものをワビスケツバキという。

 もう一つの流れは、ヤブツバキの野生や栽培された中で、突然変異により花粉ぶくろの葯(やく)が退化、変形して白くなり花粉ができないし、子房に毛がなく、紅色の花となるものをワビ芯(しん)ツバキという。そのワビ芯発見第一号が絵の「一子侘助(いちこわびすけ)」だった。“なんと、ヤヤコシイ”

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索