トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・紅侘助

写真

 室町時代、武家の住宅様式として書院造りが普及し、書院や床の間に花をいけ、観賞するようになり「侘(わび)茶」が生まれ、椿(つばき)はつぼみの風情や散る花のさまが茶の湯にふさわしい花として好まれた。特に茶人に好まれたのは、可憐(かれん)で小輪の侘助系の椿だった。

 命名にはいろいろな説があるが、侘助という茶人がことのほか愛したところから付いたとの説もある。

 侘助椿といってもいろいろあり、雄しべが退化、変形する、花粉ができない特徴があり、絵の「紅侘助」は成長して実となる部分の「子房(しぼう)」という中心の玉に毛が密生している。

 どうも日本人は現在でも侘助椿のような「かわいい」が好きらしい。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索