トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・玉霞

写真

 石川県津幡町にある椿(つばき)「祐閑寺名月」を描きに行った折、その横の椿も見事でご住職に尋ねると「玉霞(たまがすみ)」という名椿だった。

 紅色の丸く包みこむような花は、つぼみから真ん丸く、それが繭玉のようにぶら下がり、姿が美しかった。白から薄桃色地に細かい紅色を吹きかけたような絞りで、まるで花手まり風。

 玉霞は愛知県産だが親は不明で、何か園芸品種の自然実生。江戸時代、日本人の椿熱が最高潮のころ、多数の図鑑などにも紹介され、加賀の「西王母」と同じ抱え咲きとして人気だった。

 紅花てまりのようにも見え、花の落花時季まで形を崩さない「玉咲き」ともいう。 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索