トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・紅小雀

写真

 寒風に羽を膨らませ、丸くなる子雀(すずめ)のことを古来より「ふくら雀」と呼び、多くの人々に愛されてきた。その様子を想像する椿(つばき)「紅小雀」を見つけた。

 ヤブツバキ系の濃紅色の一重で小型のラッパ形の花。花弁はしわやよれがなくすっきりしている。ツボミを多く付け、葉は絵=右図=に示す主脈に沿って葉面が中折れしながら、ゆるくそり返っている。

 「紅小雀」はシンプルな花姿と癖のない葉とのバランスがマッチして、加賀の茶席によく利用されるらしい。

 江戸期、加賀藩士の屋敷庭に植えられていた多くの椿、時がたって金沢の民家に植栽されていたのを見つけた。一九五〇(昭和二十五)年に名が付いた。  (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索