トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・谷間の鶴

写真

 ツバキの園芸品種は、地方によって独特の発達をしてきたという。

 北陸各地で誕生したユキツバキ系の品種は京都への中継地として、さらにヤブツバキ系園芸品種など、茶の湯の盛んな土地柄もあって、茶花向きの品種が盛んに育成され、旧家の庭から多くの名ツバキが誕生した。

 絵のツバキ「谷間の鶴」は、金沢市内の民家で栽培されていたのを一九七〇(昭和四十五)年に石川つばきの会が命名した。桃紅色の一重で、花姿は筒からラッパ形、さらに碗(わん)咲きと変化。葉は他のツバキと違って、やや波打った姿である。

 こうしてツバキを描いている新年。「誇れる郷土の花」として多くの人たちに認識を深めてほしいと願っている。

  (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索