トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 椿・紺侘助

写真

 椿(つばき)「紺侘助(こんわびすけ)」は、花色を紺色と命名している。正直、伊勢エビの色を連想する紅えび茶やラズベリーの色に近い。椿に青色系がほしいと願い、紺色となったのだろうか。

 今、日本で最も待望されている椿は、完璧な黄色と青や紫系の色を作りだすことといわれている。

 黄色は中国原産の「金花茶」を改良した黄椿が一応できているが、青や紫系では現在、青い色素を持つ「ホンコンツバキ」があり、その交配で青系を作る試みがされたが、紫で安定した色になっていないらしい。

 ヤブツバキの古典品種に「侘助」があり「紺侘助」は愛知県尾張地方に古木が多いという。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索