トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 バラ・チャールストン

写真

 五月は若葉が水々しく、花はういういしい。夏が過ぎ、手入れされた秋咲きは、生き生きして華やかである。

 金沢市富樫のバラ園で秋バラのスケッチに没頭した。そのなかの一株、濃赤からオレンジに黄色のバリエーションの「チャールストン」に取り組んだ。

 肉眼で見る花びらの色は微妙で、赤色といっても紫系から朱色系などがある。写真でも写し取れないほどのグラデーションで、水彩着色にはとても苦労した。しかも花びらの重なりあった形が分かりにくく、拡大鏡で確認しながら描いた。

 花の女王、バラ。やはり簡単に描かせてくれない“トゲ”があった。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索