トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 コスモス

写真

 コスモスの別名「あきざくら」が咲く十月。金沢市玉鉾の犀川河川敷にある「コスモスロード」が新聞、テレビで紹介される。

 今年、その成長の状態を観察したいと七月に現場に行く。二十センチくらいに伸びた茎に、わずかに花を見た。八、九月、背丈は八十センチくらい、つぼみはまだ付けてなく、堤防に住民が植えたキバナコスモスが満開だった。

 コスモスは明治中期、メキシコ産が日本に渡来。後に全国に広がった。

 この花、日が短くならないと花が咲かない「短日性」。

 最近の園芸品種は遅咲き系と早咲き系があり、キバナコスモスは短日性が弱く、夏に咲く性質の強い花だった。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索