トップ > 北陸中日新聞から > 金栄健介 ボタニカルアートの世界 > 記事

ここから本文

金栄健介 ボタニカルアートの世界

【城下町金沢 花色もよう】 ウバユリ

写真

 “ウバユリ”。まことに高齢者に不愉快な名前である。花の咲く八月頃、葉がなくなるので「歯なし」にかけてウバ(姥)ユリと名付けられた。

 古来、女性や高齢者を軽視する習慣がまかり通っていた。社寺、霊場、祭礼などに、女性の立ち入りを禁じたり、年取った親を山に捨てる風習から伝説になった姥捨(うばすて)山の話など。

 金沢城内本丸園地周辺で見つけた。筒形の緑色を帯びた白花が、群れになって咲いていた。花はりりしく直線にのび、目立つ花だけに余計にその名前が気になった。

 和の別名が見当たらず、英名は葉の形からハートリーフ・リリーの名前が付けられて、救われた思いである。

 (金沢中日文化センター講師)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索