トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県加賀市 山中小学校 しっかり読んでレイアウト

切り取(と)った新聞記事(しんぶんきじ)を並(なら)べて、レイアウトを考える児童(じどう)たち=石川県加賀(いしかわけんかが)市山中(やまなか)小で

写真

 「北陸新幹線開業(ほくりくしんかんせんかいぎょう)」「平和(へいわ)とは何か」…。石川県加賀(いしかわけんかが)市山中(やまなか)小学校の五年生は、さまざまなテーマで切り抜(ぬ)き作品(さくひん)づくりに取(と)り組(く)みました。

 児童(じどう)たちはグループに分かれ、新聞から記事(きじ)を切り取って集(あつ)めてきました。十一月中旬(ちゅうじゅん)の授業(じゅぎょう)では、その記事を模造(もぞう)紙にどう配置(はいち)するかを考えました。

 講師(こうし)は北陸中日新聞NIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生。最初(さいしょ)に「すぐに張(は)らずにレイアウトを考えましょう」と説明(せつめい)。「しっかり記事を読まないと配置も決(き)まりませんよ」と指導(しどう)しました。

 あるグループは「石川の自然(しぜん)を守(まも)る」と題(だい)して制作(せいさく)。ホタルや石川県輪島(わじま)市の千枚田(せんまいだ)について取り上げた記事などを、きれいに並(なら)べました。砂上先生が「ほんの少しすき間が空いているところはどうしよう?」と投(な)げかけると、児童たちは小さな写真(しゃしん)をポイントに置(お)くなど工夫(くふう)していました。 (酒井(さかい)ゆり)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索