トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県志賀町 下甘田小学校 記事書き写し 勉強に

新聞(しんぶん)の基本(きほん)について学(まな)ぶ児童(じどう)たち=石川県志賀(いしかわけんしか)町下甘田(しもあまだ)小学校で

写真

 前文や見出しってどれかな? 記事(きじ)はどんなふうに書かれているのだろう?

 石川県志賀(いしかわけんしか)町下甘田(しもあまだ)小学校の三、四年生九人は、新聞の基本(きほん)を学(まな)びました。

 講師(こうし)は、北陸(ほくりく)中日新聞NIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生。新聞の紙面(しめん)を見せながら、一つの記事の見出しでも「主(しゅ)見出し」や「腰(こし)見出し」などで記事の内容(ないよう)を表現(ひょうげん)し、大きな記事には前文(リード)と本文があることを説明(せつめい)しました。また、記事の前文には「いつ、どこで、何が、どうしてなど『5W(ダブリュ)1H(エイチ)』を盛(も)り込(こ)みます」と強調(きょうちょう)しました。

 今は新聞を読んでいないという子もいましたが、砂上先生は「毎日いろんなニュースが載(の)っています。できれば記事を一つ選(えら)んで、ノートに写(うつ)す練習(れんしゅう)をしてください。とても勉強(べんきょう)になります」とアドバイスしました。児童(じどう)たちは「新聞は難(むずか)しいものだと思っていたけど、いろいろ分かってよかった」と話(はな)していました。 (酒井(さかい)ゆり)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索