トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県金沢市 芝原中学校 ニュース追ってテーマを

新聞切り抜(ぬ)き作品(さくひん)づくりについて砂上昌一(すながみしょういち)先生(左)の指導(しどう)を受(う)ける生徒(せいと)たち=石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市芝原(しばはら)中で

写真

 石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市芝原(しばはら)中学校は今年初(ことしはじ)めて、あるテーマで新聞記事(きじ)を集(あつ)め、自分の意見(いけん)を付(つ)けて模造(もぞう)紙にレイアウトする「新聞切り抜(ぬ)き作品(さくひん)」づくりに挑戦(ちょうせん)しています。

 総合学習(そうごうがくしゅう)の時間に、北陸(ほくりく)中日新聞NIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生が講師(こうし)を務(つと)め、一年生から三年生までの計二十三人全員(ぜんいん)に教えています。

 砂上先生は「切り抜き作品づくりではテーマを決(き)めることが最(もっと)も大事(だいじ)」と話(はな)し、「二カ月(かげつ)間はいろいろなニュースを追(お)って、その中から一番関心(かんしん)のあることをテーマにすればいい」と説明(せつめい)しました。

 砂上先生が生徒(せいと)たちに「一番関心のあることは」と質問(しつもん)すると、生徒は「東日本大震災(ひがしにっぽんだいしんさい)の復旧(ふっきゅう)」「サッカーのワールドカップ」などと回答(かいとう)。砂上先生は例(たと)えばワールドカップをテーマにしたら「なぜ優勝候補(ゆうしょうこうほ)のブラジルが準決勝(じゅんけっしょう)で負(ま)けたのか、どうして日本(にっぽん)は一次(じ)リーグで敗退(はいたい)したのか、それが分かる記事も集めて」とアドバイスしました。 (基村祐一(きむらゆういち))

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索