トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県金沢市 鳴和中学校 考える材料 役立てて

中学生に記者(きしゃ)の仕事(しごと)について話(はな)す蒲(かば)キャップ(左)=石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市鳴和(なるわ)中で

写真

 石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市鳴和(なるわ)中学校で、一年生を対象(たいしょう)に、さまざまな職業(しょくぎょう)の人たちから話を聞く「生き方を学(まな)ぶ会」があり、北陸(ほくりく)中日新聞の蒲敏哉(かばとしや)・前報道部遊軍(ほうどうぶゆうぐん)キャップ(東京本社社会部次長(じちょう))が記者(きしゃ)の仕事(しごと)を紹介(しょうかい)しました。

 蒲キャップは「皆(みな)さんの生活に大切なさまざまな情報(じょうほう)を判断材料(はんだんざいりょう)として提供(ていきょう)することが記者の使命(しめい)」と強調(きょうちょう)。「いろんな事件(じけん)や事故(じこ)、出来事(できごと)があり、記者の仕事は二十四時間(一日中(いちにちじゅう))意識(いしき)していないと務(つと)まりません」と説明(せつめい)しました。

 また「若(わか)いころに、視野(しや)を広げるためのいろんな経験(けいけん)を積(つ)んだり、好(す)きなことを一生懸命(いっしょうけんめい)やって深(ふか)めたりすることは記者になるのに役立(やくだ)ちます」とアドバイス。最後(さいご)に「君(きみ)たちが大人(おとな)になったとき、自分で物事(ものごと)を考えられる人になってほしい。なるための材料として新聞は役立ちます。ぜひ毎日読んでください」と呼(よ)び掛(か)けました。

  (基村祐一(きむらゆういち))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索