トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県金沢市 兼六中学校 役立つ情報伝える仕事

記者(きしゃ)の仕事(しごと)について話(はな)す田内局次長(たうちきょくじちょう)(左)=石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市兼六(けんろく)中で

写真

 石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市兼六(けんろく)中学校で、一年生を対象(たいしょう)にした進路学習(しんろがくしゅう)教室「働(はたら)く人からお話を聞く会」があり、北陸(ほくりく)中日新聞の田内建一編集局次長(たうちけんいちへんしゅうきょくじちょう)が記者(きしゃ)の仕事(しごと)を紹介(しょうかい)しました。

 田内局次長は「記者は人に会い、話を聞いて、ニュースをつかむのが仕事。大きく言えば、大統領(だいとうりょう)から犯罪者(はんざいしゃ)までいろいろな人と接(せっ)することができます」と紹介。その上(うえ)で「社会に役立(やくだ)つ情報(じょうほう)を伝(つた)えることが最大(さいだい)の仕事です」と話しました。

 記事(きじ)の書き方については、「いつ」「どこで」「誰(だれ)が」「何を」といった5W(ダブリュー)1H(エイチ)を説明(せつめい)し、「『なぜ』を調(しら)べるのが一番難(むずか)しい。これを解明(かいめい)するために記者は仕事をしています」と強調(きょうちょう)しました。

 最後(さいご)に生徒(せいと)から「記者はどんな人が向(む)いていますか」との質問(しつもん)があり、田内局次長は「何事(なにごと)にも常(つね)に興味(きょうみ)を持(も)つことが大事(だいじ)。好奇(こうき)心旺盛(おうせい)な人が向いています」と答えていました。 (基村祐一(きむらゆういち))

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索