トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県金沢市 中央小学校 各ページに読み方のツボ

砂上(すながみ)先生から新聞の読み方を習(なら)う児童(じどう)たち=石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市中央(ちゅうおう)小で

写真

 石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市中央(ちゅうおう)小学校の五年生は、北陸(ほくりく)中日新聞NIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生から新聞の読み方を習(なら)いました。

 北陸中日新聞を手に取(と)り、ページ数がどこに書いてあり、各面(かくめん)が何のページかを知ることから始(はじ)まりました。1面の題字(だいじ)の脇(わき)にある記事(きじ)が「トップ=アタマ」でその日一番重要(じゅうよう)なニュース、左上は二番目の記事で「カタ」と呼(よ)ばれていることなども教えられました。

 国際(こくさい)面では、国の名前を探(さが)すことに挑戦(ちょうせん)。フランスや英国(えいこく)(イギリス)といった有名(ゆうめい)な国だけではなく、マリやシリアなども見つけました。

 スポーツ面では見出しに注目しました。バスケットボールの大会に付(つ)いた「パナ有終(ゆうしゅう) 結束V(けっそくぶい)」がどういう意味(いみ)かを理解(りかい)しました。

 一組の広田道真君(ひろたみちざねくん)(11)は「記事の配置(はいち)など新聞の読み方がよく分かった。これからは興味(きょうみ)を持(も)って読みたい」と話していました。(大森雅弥(おおもりまさや))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索