トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県金沢市 泉野小学校 トップ記事の違い なぜ?

新聞各紙(かくし)の違(ちが)いについて学んだ児童(じどう)たち=石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市泉野(いずみの)小で

写真

 新聞について学ぶ講座(こうざ)が石川県金沢(いしかわけんかなざわ)市泉野(いずみの)小学校でありました。講師(こうし)は北陸(ほくりく)中日新聞NIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生。六年生の三クラス約(やく)九十人に、まずその日の朝刊各紙(ちょうかんかくし)を見せました。児童(じどう)は一面(めん)のトップに載(の)っている記事(きじ)が新聞によって違(ちが)うことに気付(きづ)きました。北陸中日新聞が高速(こうそく)バス事故関連(じこかんれん)のニュースだったのに対(たい)し、別(べつ)の新聞は政治(せいじ)の話題(わだい)。砂上先生は「新聞社がどのように考えているかは、トップの記事の見出しを見るだけで分かります」と指摘(してき)しました。

 六年生が記事を切り貼(ば)りして壁(かべ)新聞を作る予定(よてい)だったことから、読みやすい作品(さくひん)の作り方もアドバイス。「ただ記事をベタベタ貼っても駄目(だめ)。タイトルに工夫(くふう)したり、貼る記事の大小に気を付けたり、ほかの人にどううまく伝(つた)えるかを考えて」と述(の)べました。

 一組の上野真佑子(うえのまゆこ)さんは「記事ばかりじゃなくて自分の思ったことを載せると分かりやすく伝わると思う」と話していました。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索