トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県七尾市 中島小学校 取材は部署に分かれて

伊藤(いとう)前局次長(きょくじちょう)から新聞記者(きしゃ)の仕事(しごと)について習(なら)う子どもたち=石川県七尾(いしかわけんななお)市中島(なかじま)小で

写真

 石川県七尾(いしかわけんななお)市中島(なかじま)小学校の五年生は、北陸(ほくりく)中日新聞の講師(こうし)から新聞記者(きしゃ)の仕事(しごと)について学びました。

 講師の伊藤博道(いとうひろみち)・前編集局次長(へんしゅうきょくじちょう)との質疑応答(しつぎおうとう)では、「どこから情報(じょうほう)を手に入れるのか」「インタビューのこつは」などの質問(しつもん)が出ました。伊藤前局次長は、新聞社が政治(せいじ)、社会、経済(けいざい)、生活などの部署(ぶしょ)に分かれ、それぞれが関係(かんけい)する役所(やくしょ)や企業(きぎょう)、学校などの取材(しゅざい)をしていることを説明(せつめい)。インタビューでは、記事(きじ)を順番(じゅんばん)に書いていくように、順序(じゅんじょ)立てて話を聞くようにしていると述(の)べました。

 記事の書き方についても習(なら)いました。伊藤前局次長は、事実(じじつ)を大事にする新聞記事では「誰(だれ)が、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように」という五W(ダブリュー)一H(エイチ)が重要(じゅうよう)であることを指摘(してき)。実際(じっさい)の記事を読ませ、どれがその要素(ようそ)か発見(はっけん)させました。

 一組の干場晴仁君(ほしばはるとくん)(11)は「新聞記者がいろんな部に分かれていることを知った。できればスポーツ担当(たんとう)の記者になりたいな」と話していました。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索