トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

石川県白山市 美川中学校  関心引き出す 見出し効果

忠田(ちゅうだ)デスク(左)から見出しの付(つ)け方などを習(なら)う生徒(せいと)たち=石川県白山(いしかわけんはくさん)市美川(みかわ)中で

写真

 石川県白山(いしかわけんはくさん)市美川(みかわ)中学校の二年生が総合学習(そうごうがくしゅう)の時間を利用(りよう)して新聞切り抜(ぬ)き作品(さくひん)に取(と)り組みました。北陸(ほくりく)中日新聞からNIE(エヌアイイー)コーディネーターの砂上昌一(すながみしょういち)先生と整理部(せいりぶ)の忠田健一(ちゅうだけんいち)デスクが参加(さんか)し、講座(こうざ)をしました。

 砂上先生は生徒(せいと)たちが出してきたテーマを見ながら、具体的(ぐたいてき)にアドバイス。「震災(しんさい)」「環境(かんきょう)」など大きなテーマしか決(き)めていない子には、どういうことに関心(かんしん)があるのかを聞いて小テーマを提案(ていあん)しました。「ただ切って並(なら)べるだけでは駄目(だめ)。まず記事(きじ)をじっくり読んで」と指導(しどう)しました。

 忠田デスクは生徒たちの切り抜きと感想(かんそう)文を基(もと)に作品を作りました。動物(どうぶつ)の記事を里山里海で分類(ぶんるい)。「守(まも)ろう 動物たちの 暮(く)らしの 環境」という見出しを付(つ)けました。「『守ろう』という言葉(ことば)を入れただけで見出しが生き生きしてきましたね」と語り掛(か)けると、生徒たちもうなずいていました。 (大森雅弥(おおもりまさや))

     ◇

 北陸中日新聞は、記者(きしゃ)やNIEコーディネーターを講師(こうし)として無料(むりょう)で学校に派遣(はけん)します。(問)報道(ほうどう)部NIE係(がかり)=ファクス076(265)7490

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索