トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

金沢市 三谷小学校 記事生かす見出しや配置

忠田(ちゅうだ)デスク(左)から見出しの付(つ)け方などを習(なら)う子どもたち

写真

 皆(みな)さんは壁(かべ)新聞を作ったことがありますか。記事(きじ)がうまく書けても、上手(じょうず)に紙面(しめん)に配置(はいち)しないと楽しく読んでもらえません。

 金沢(かなざわ)市三谷(みたに)小学校の五、六年生は、北陸(ほくりく)中日新聞整理部(せいりぶ)の忠田健一(ちゅうだけんいち)デスクから見出しの付(つ)け方やレイアウトの仕方(しかた)を習いました。

 忠田デスクはその日の北陸中日新聞を見せながら、大事な記事ほど見出しが大きいことを説明(せつめい)。「新聞には政治(せいじ)、経済(けいざい)、海外、事故(じこ)、地域(ちいき)、スポーツなど、世界の出来事(できごと)が凝縮(ぎょうしゅく)してまとめてある。生きた教科書なんだよ」と語り掛(か)けました。

 続(つづ)いて、児童(じどう)たちが田植(たう)え体験(たいけん)について書いた作文を基(もと)に、レイアウトした壁新聞を披露(ひろう)。見出しは隠(かく)してあり、児童に案(あん)を出してもらいました。最後(さいご)に忠田デスクが「田植え最高 気持(きも)ちいい」という大見出しを付けたことを明かすと、「すごーい」という声が上がりました。(大森雅弥(おおもりまさや))

    ◇

 北陸中日新聞は、記者(きしゃ)やNIE(エヌアイイー)コーディネーターを講師(こうし)として無料(むりょう)で学校に派遣(はけん)します。(問)報道(ほうどう)部NIE係(がかり)=ファクス076(265)7490

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索