トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > わくわく出前講座 > 記事

ここから本文

わくわく出前講座

金沢市 城南中学校 活字に慣れ学力アップ

伊藤局次(いとうきょくじ)長(左)から新聞の読み方などを習(なら)う生徒(と)たち=金沢市城南(じょうなん)中で

写真

 金沢市城南(じょうなん)中学校では、一年生が「新聞切り抜(ぬ)き作品(ひん)」の制(せい)作に取(と)り組んでいます。まず紙面(めん)に親しもうと五月、北陸(ほくりく)中日新聞の伊藤博道編集局次(いとうひろみちへんしゅうきょくじ)長から読み方などを習(なら)いました。

 四クラスの約(やく)百二十人が柔(じゅう)道場に集合。伊藤局次長は「はじめての新聞」と題(だい)した画像(ぞう)を映(うつ)し出し、新聞全(ぜん)体のページ割(わ)り、記事(じ)の構成(こうせい)などを説(せつ)明しました。

 「新聞を読むと考える力がつきます」という言葉(ば)に、生徒(と)たちの表情(ひょうじょう)も真剣(しんけん)に。「活字を追(お)うのは面倒(どう)かもしれないが、慣(な)れると理解(かい)力や読む力がつき、学力もアップします」と指摘(してき)しました。

 新聞を好(す)きになるコツとして「毎日気に入った記事を見つけること」とアドバイス。運動(うんどう)面で松井秀喜選(まついひできせん)手の活躍(やく)を追う、地方版(ばん)で地元のニュースを探(さが)すなどの例(れい)を挙(あ)げました。(大森雅弥(おおもりまさや))

     ◇

 北陸中日新聞は、記者(しゃ)やNIE(エヌアイイー)コーディネーターを講師(こうし)として無料(むりょう)で学校に派遣(はけん)します。問(と)い合わせは報(ほう)道部(ぶ)NIE係(がかり)=ファクス076(265)7490=へ。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索