トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > ニュースDe討論 > 記事

ここから本文

ニュースDe討論

石川県金沢市・星稜中3年 金沢市のごみ有料化について

ごみ有料化(ゆうりょうか)について話(はな)し合う星稜(せいりょう)中学校の生徒(せいと)たち((左)から竹山(たけやま)さん、川端(かわばた)さん、山岸(やまぎし)さん、又多(まただ)さん)=石川県金沢(けんかなざわ)市の星稜中学校で

写真

 新聞記事(きじ)について中学生が議論(ぎろん)を繰(く)り広げる「ニュースDe討論(とうろん)」。今回は石川県金沢(けんかなざわ)市の星稜(せいりょう)中学校三年の生徒(せいと)四人に「金沢市のごみ有料化(ゆうりょうか)」について話(はな)し合ってもらいました。生徒たちは来年二月から実施(じっし)されるごみ有料化についてどう考(かんが)えているのでしょうか。

今回の論点(ろんてん)

・ごみ有料化(ゆうりょうか)についてどう思うか。

・ごみ有料化が市民(しみん)に与(あた)える影響(えいきょう)は何か。

・ごみを出さないため、工夫(くふう)や心構(こころがま)えはあるか。

出席者

又多(まただ) 風緑(ふつか)さん

山岸(やまぎし) 紀善(のりよし)さん

川端(かわばた) 涼香(すずか)さん

竹山(たけやま) 前(ぜん)さん

2017年3月25日第(だい)二社会面(しゃかいめん)

写真

いい点、悪い点知ろう

 −金沢(かなざわ)市で来年二月から家庭(かてい)ごみが有料化(ゆうりょうか)されることになったが、みんなはどう思うか。

 又多(まただ) 私(わたし)は有料化に賛成(さんせい)。新聞を読(よ)むと、スーパーなどで売っているごみ袋(ぶくろ)の値段(ねだん)が今よりかなり高くなる。家計(かけい)に負担(ふたん)がかかるから、ごみを出さないようにすると思うよ。

 山岸(やまぎし) 僕(ぼく)も賛成。これを機(き)にごみを出さないようにいろいろ工夫(くふう)するだろう。これまで以上(いじょう)に資源(しげん)も大切にするだろう。資源を無駄(むだ)に使わなくなり、自然破壊(しぜんはかい)や地球(ちきゅう)を汚(よご)すことも少(すく)なくなる。

 竹山(たけやま) 僕は反対(はんたい)。僕の家は山の近くにあるが、ときどき山道(やまみち)にごみをポイ捨(す)てしていく人がいる。ごみ有料化になれば、お金がかかるのを嫌(きら)って、これまで以上に、ごみをポイ捨てする人が増(ふ)えるんじゃないのか、心配(しんぱい)だ。

 川端(かわばた) マナー違反(いはん)の横着(おうちゃく)な人はいるかもしれない。でも、有料化することによって、集(あつ)まったお金を、ごみの処理費用(しょりひよう)に使(つか)ったり、別(べつ)のことにも使える。市民(しみん)のためになると思う。

ごみ減らす工夫できる

 −ごみ有料化は、ごみ袋の値段が高くなり、みんなの家庭に影響(えいきょう)が出てくると思うが。

 山岸 有料化になると、普通(ふつう)の家庭でも家計(かけい)に影響が出てくる。年金生活(ねんきんせいかつ)を送(おく)る高齢者(こうれいしゃ)など生活に余裕(よゆう)のない家庭はもっと生活が厳(きび)しくなる。それでも、有料化にするのはどうかとも思うけど、仕方(しかた)がない。

 又多 有料化でごみ袋が何倍(ばい)も高くなる。一度(いちど)に高くしないで、少しずつ時間をかけて袋の値段を上げるとか、段階的(だんかいてき)に値上(ねあ)げした方がいいかも。

 川端 わが家では、ごみ有料化については、あまり話題(わだい)になっていない。他(ほか)の家庭はどうだろう。家計にも影響し、地球環境(かんきょう)に結(むす)び付(つ)く大事(だいじ)なことだから、もっと関心(かんしん)をもたなければいけないよ。

 竹山 新聞記事(きじ)では、全国(ぜんこく)的に家庭ごみを有料化している自治体(じちたい)が多く、無料(むりょう)なのは「少数派(しょうすうは)」だ。有料化すれば、ごみが本当(ほんとう)に少なくなるのか。僕らは有料化のいいところ、悪(わる)いところを知らないといけないし、ごみを出さないようにもっと努力(どりょく)しないと。

ポイ捨て増えたらイヤ

 −家庭でごみを出さない工夫をしたり、心掛(こころが)けていることはあるかな。

 山岸 僕は買い物(もの)をするとき、マイバッグを持(も)っているので、レジ袋は買わない。祖母(そぼ)は生(なま)ごみを乾燥(かんそう)させ、畑(はたけ)で肥料代(ひりょうが)わりに使ってピーマンを育(そだ)てている。

 竹山 僕は、シャンプーは本体の容器(ようき)を買わないで詰(つ)め替(か)え袋のものを使っている。母はいつもマイバッグを持ち歩き、使っているよ。

 川端 私は今、ごみを出さないような工夫を特(とく)にしていない。これからごみを出さないようにいろいろ考えたり、空き瓶(びん)、プラスチックボトルなど資源のリサイクルに努(つと)めていきたいと思う。ごみ有料化がいい機会になる。

 又多 私も何もしていない。そして、自分のできることは何かと考えてみた。これから、無駄(むだ)に捨(す)てないで、ものを使い切るようにしたい。もちろん、ごみにしないように最後(さいご)まで大切に使っていく。そうすれば、結局(けっきょく)、ごみは減(へ)るし、地球資源も有効(ゆうこう)に活用できる。身(み)の回りでできることから始(はじ)めていきたい。

  (構成(こうせい)・浦上豊成(うらかみほうせい))=毎(まい)月最終(さいしゅう)日曜日掲載(けいさい)

感想

 又多(またた) ごみ減量化(げんりょうか)は金沢(かなざわ)市だけじゃなくて広域(こういき)のことだから、県全体(けんぜんたい)で取(と)り組(く)む問題(もんだい)だと思う。

 山岸(やまぎし) ごみを減(へ)らすにはどうしたらいいか。考えれば考えるほど問題がいっぱい出てくる。 

 川端(かわばた) ごみは宇宙(うちゅう)に捨(す)てれば地球(ちきゅう)は汚(よご)れない。できるわけがないし、これも身勝手(みがって)な考えかも。

 竹山(たけやま) ごみの減量(げんりょう)や資源(しげん)の再利用(さいりよう)について深(ふか)く考えることができた。とてもいい機会(きかい)だった。

 金沢(かなざわ)市の家庭(かてい)ごみ有料化(ゆうりょうか) 金沢市の家庭ごみ有料化は、市議会(しぎかい)3月定例(ていれい)月議会で関連(かんれん)する条例改正案(じょうれいかいせいあん)が可決(かけつ)され、2018年2月から導入(どうにゅう)されることが決(き)まった。家庭ごみ収集(しゅうしゅう)に、有料の指定袋(していぶくろ)を導入(どうにゅう)することで、ごみの減量(げんりょう)化や資源(しげん)化を促(うなが)す効果(こうか)を狙(ねら)う。「燃(も)やすごみ」と埋(う)め立てごみが対象(たいしょう)。指定袋は5〜45リットルの5種類(しゅるい)、1リットル当たり1円。10枚(まい)1組でスーパーなどで販売(はんばい)する。市は年間4億(おく)4千万円の手数料収入(てすうりょうしゅうにゅう)を見込(みこ)む。全額(ぜんがく)をコミュニティ活性化基金(かっせいかききん)に繰(く)り入れ、経費(けいひ)を差(さ)し引いた2億円を地域支援事業(ちいきしえんじぎょう)に充(あ)てる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索