トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

ジュニアサッカー 最後まで諦めず戦う

選手宣誓(せんしゅせんせい)する奥原李和君(おくはらりおくん)=石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)の県営(けんえい)まめだ簡易(かんい)グラウンドで

写真

 小学生のサッカー大会「若葉旗(わかばき)・ひまわりほーむカップ争奪石川県(そうだついしかわけん)ジュニアサッカー大会」(同(どう)県サッカー協会(きょうかい)、石川テレビ放送(ほうそう)、北陸(ほくりく)中日新聞主催(しゅさい))が、同(どう)県金沢市(かなざわし)と内灘町(うちなだまち)の三会場(かいじょう)で開(ひら)かれています。今月八日に金沢市民(しみん)サッカー場(じょう)である決勝(けっしょう)に向(む)けて熱戦(ねっせん)が繰(く)り広げられています。

 試合(しあい)は八人制(せい)。U(アンダー)12(六年生)とU11(五年生)のトーナメントに計百十一チームが出場(しゅつじょう)し、U12は三回戦(かいせん)、U11は準々(じゅんじゅん)決勝までの試合を六月までに終(お)えました。

 五月二十日に同市(どうし)の県営(けんえい)まめだ簡易(かんい)グラウンドであった開会式(かいかいしき)では、中日新聞社のヘリコプター「まなづる」から試合球(きゅう)を投下(とうか)するセレモニーがあり、会場を盛(も)り上げました。

 同県七尾(ななお)市小丸山(こまるやま)小学校六年で、セブン能登(のと)ジュニア主将(しゅしょう)の奥原李和君(おくはらりおくん)は「いつも応援(おうえん)し、支(ささ)えてくれる全(すべ)ての方々(かたがた)に感謝(かんしゃ)し、これまで一緒(いっしょ)に練習(れんしゅう)してきた仲間(なかま)たちと力を合わせ、最後(さいご)まで諦(あきら)めずに戦(たたか)うことを誓(ちか)います」と選手宣誓(せんしゅせんせい)しました。

 決勝の会場には、ワールドカップの日本代表(だいひょう)に二度選(どえら)ばれた、元プロ選手の秋田豊(あきたゆたか)さん(47)がゲストとして訪(おとず)れます。 (山内晴信(やまうちはるのぶ))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索