トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

ウエイトリフティング 連覇さらなる高みへ

金メダルと中学記録認定証(きろくにんていしょう)を披露(ひろう)する山下笑佳(えみか)さん=石川県珠洲(けんすず)市の健民体育館(けんみんたいいくかん)で

写真

 八月下旬(げじゅん)に石川県珠洲(けんすず)市の健民体育館(けんみんたいいくかん)で、本年度全国(ほんねんどぜんこく)中学生ウエイトリフティング(第(だい)三十一回男子(だんし)中学生、第十六回女子(じょし)中学生)選手権(せんしゅけん)大会が行われました。熱気(ねっき)に包(つつ)まれた会場(かいじょう)で、全国二十六都道府県(とどうふけん)から参加(さんか)した男女各(だんじょかく)八階級(かいきゅう)百十一人の選手(せんしゅ)が、日ごろの練習(れんしゅう)の成果(せいか)を競(きそ)いました。

 会場では、「頑張(がんば)れー」「よし、いけ」などの声援(せいえん)が飛(と)び交(か)い、大会新(しん)や中学新記録(きろく)が出ると「ウオーッ」とどよめきが上がり、選手に大きな拍手(はくしゅ)が送(おく)られました。

 注目(ちゅうもく)の選手の一人が、女子44キロ級に出場(しゅつじょう)したスナッチとジャーク、トータルの日本中学記録保持者(ほじしゃ)、珠洲市緑丘(みどりがおか)中二年の山下笑佳(やましたえみか)さんでした。山下選手は四月にタイ・バンコク市で開(ひら)かれた重量挙(じゅうりょうあ)げの世界(せかい)ユース選手権にも、日本代表(だいひょう)として出場しています。

 山下選手は、今大会では、スナッチとトータルで記録を更新(こうしん)し、大会二連覇(れんぱ)を達成(たっせい)しました。

 山下選手は「ジャークでも中学生記録を更新したかった」とちょっぴり残念(ざんねん)そうな表情(ひょうじょう)をみせましたが、「将来(しょうらい)は、世界大会で活躍(かつやく)できる選手になりたい」とさらなる高みを目指(めざ)します。 (近江士郎(おうみしろう))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索