トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

舞踊コンクール1位 リーダーとして達成感

優勝旗(ゆうしょうき)を手に喜(よろこ)ぶ田中杏(たなかあず)さん(左)と黒川(くろかわ)はなさん=石川県白山(けんはくさん)市木津(こうづ)町で

写真

 第(だい)七十四回全国舞踊(ぜんこくぶよう)コンクール(中日新聞東京本社主催(しゅさい))の児童(じどう)舞踊部門(ぶもん)で、石川県白山(けんはくさん)市木津(こうづ)町の「前多敬子(まえだけいこ)・田中勉(たなかつとむ)バレエ教室」が一位(い)になりました。

 小中学生九人が、大きな人形の中から小さな人形が出てくるロシアの民芸品(みんげいひん)「マトリョーシカ」をイメージした演技(えんぎ)を披露(ひろう)しました。前半は静(しず)かに、後半は元気いっぱいに。身長差(しんちょうさ)のあるメンバーがおそろいの衣装(いしょう)を着(き)て並(なら)ぶ姿(すがた)はまさにマトリョーシカ。全員(ぜんいん)の動(うご)きを美(うつく)しくそろえようと、三カ月練習(かげつれんしゅう)を重(かさ)ねました。

 リーダーの同(どう)県金沢(かなざわ)市高尾台(たかおだい)中学校三年、田中杏(たなかあず)さんは「気持(きも)ちを込(こ)めて表現(ひょうげん)するのが難(むずか)しかったけれど、九人で協力(きょうりょく)する大切さ、踊(おど)る楽しさを感(かん)じた」と話(はな)します。「お姉(ねえ)さん」として、小学生メンバーに優(やさ)しく声をかけてきました。「一位に決(き)まった時はみんなで抱(だ)き合い、ハイタッチして喜(よろこ)んだ」と振(ふ)り返(かえ)りました。

 副(ふく)リーダーの同県野々市(ののいち)市野々市中三年、黒川(くろかわ)はなさんも「全員が息(いき)を合わせて踊ることができて、達成感(たっせいかん)も大きかった」とうなずきます。「努力(どりょく)を怠(おこた)らず、もっと上手(じょうず)になりたい」と話しています。 

  (谷口大河(たにぐちたいが))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索