トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

木育キャラバン 木のおもちゃに夢中

おもちゃで遊(あそ)びながら木のぬくもりに触(ふ)れる親子連(おやこづ)れら=石川県金沢(けんかなざわ)市の金沢21世紀美術館(せいきびじゅつかん)で

写真

 木のぬくもりや味(あじ)わいなどに触(ふ)れ、森や木への関心(かんしん)を高める石川県金沢(けんかなざわ)市のイベントが金沢21世紀美術館(せいきびじゅつかん)で開(ひら)かれました。

 認定(にんてい)NPO法人(ほうじん)「日本グッド・トイ委員会(いいんかい)」(東京都新宿(とうきょうとしんじゅく)区(く))が全国(ぜんこく)で展開(てんかい)する移動(いどう)おもちゃ美術館「木育(もくいく)キャラバン」もあり、多くの家族連(かぞくづ)れらでにぎわいました。

 木育キャラバンは、東京おもちゃ美術館と木工家具(もっこうかぐ)メーカー「オークヴィレッジ」(岐阜(ぎふ)県高山(たかやま)市)の共同企画(きょうどうきかく)。

 規格外(きかくがい)のブナで作った犬の乗(の)り物(もの)おもちゃ、寄木(よせぎ)の積(つ)み木ツリー、木の玉を転(ころ)がして樹種による音の違(ちが)いを楽しむおもちゃなど盛(も)りだくさん。子どもたちは夢中(むちゅう)になり、木の匂(にお)いやぬくもりを感(かん)じていました。

 ワークショップで、坂道(さかみち)に置(お)くと動(うご)きだす木のおもちゃを手作りした金沢市大野町(おおのまち)小四年の志方朝陽(しかたあさひ)さんは「いっぱいあって面白(おもしろ)い。木の温(あたた)かみを感じるし、落(お)ち着(つ)く」と笑顔(えがお)。キャラバンの座長(ざちょう)を務(つと)める曽我部晃(そがべあきら)さんは「木を製品(せいひん)として提供(ていきょう)しないと次(つぎ)の森が育たない。国産材(こくさんざい)の良(よ)さにも気づいてもらいたい」と話(はな)しました。 (田嶋豊(たじまゆたか))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索