トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

クッキングコンテスト県でV 全国大会で優勝したい

全国(ぜんこく)親子クッキングコンテスト石川県(けん)大会で優勝(ゆうしょう)した東(ひがし)ゆいさん=同(どう)県金沢(かなざわ)市の金沢勤労者(きんろうしゃ)プラザで

写真

 石川県内(けんない)のガス事業者(じぎょうしゃ)らの団体(だんたい)「G(ジー)ライン石川」が主催(しゅさい)した「全国(ぜんこく)親子クッキングコンテスト県大会」が十一月に同(どう)県金沢市内(かなざわしない)で行われました。同市扇台(おうぎだい)小学校五年の東(ひがし)ゆいさんは、母の志穂(しほ)さんと石川県の名産品(めいさんひん)「いしる」や加賀野菜(かがやさい)を使(つか)った料理(りょうり)を作り、見事優勝(みごとゆうしょう)しました。

 東さんは昨年(さくねん)、この大会で準(じゅん)優勝し、北陸(ほくりく)大会でも準優勝しましたが、全国大会出場(しゅつじょう)は逃(のが)しました。「去年(きょねん)すごく悔(くや)しくて。今年(ことし)は全国に出て優勝したい」と、北陸大会に向(む)け意気込(いきご)みます。

 初(はじ)めて包丁(ほうちょう)を握(にぎ)ったのは四歳(さい)の頃(ころ)。志穂さんが子ども用の包丁を買ったらとても喜(よろこ)んだそうです。今では休みの日に家族(かぞく)の朝ご飯(はん)を作ることも。「料理は大好(だいす)き。作っている時もだけど、できたときの達成感(たっせいかん)がいい」とにっこり笑(わら)いました。

 一人でスポンジからショートケーキを作れるようになるのが夢(ゆめ)だそうです。

  (岡本真穂(おかもとまほ))

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索