トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】平昌五輪出場のスキー選手 石川晴菜さん  夢実現へ頑張りたい

挫折(ざせつ)の乗(の)り越(こ)え方を語(かた)る石川晴菜選手(いしかわはるなせんしゅ)(中央(ちゅうおう))=石川県金沢市(けんかなざわし)の第一学院高(だいいちがくいんこう)金沢キャンパスで

写真

 今年(ことし)二月に開催(かいさい)された平昌五輪(ピョンチャンごりん)に出場(しゅつじょう)した石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)の石川晴菜選手(いしかわはるなせんしゅ)が市内(しない)の高校で出前授業(でまえじゅぎょう)を行いました。どんな授業だったのでしょうか。

 ■掲載(けいさい) 7月12日朝刊金沢面(ちょうかんかなざわめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 平昌五輪(ピョンチャンごりん)のアルペンスキー女子大回転(じょしだいかいてん)に出場(しゅつじょう)した金沢市(かなざわし)の石川晴菜選手(いしかわはるなせんしゅ)(23)=木島病院(きじまびょういん)=が、通信制(つうしんせい)・単位(たんい)制の第一学院(だいいちがくいん)高校(金沢市堀川新町(ほりかわしんまち))を訪(おとず)れ、同校(どうこう)の一〜三年生三十人の前で挫折(ざせつ)の乗(の)り越(こ)え方や今後(こんご)の目標(もくひょう)を語(かた)った。

 授業(じゅぎょう)のテーマは「夢(ゆめ)に向(む)かって進(すす)め!」。石川選手は三年前、成績不振(せいせきふしん)のためナショナルチームから外され、引退(いんたい)を考(かんが)えたことを振(ふ)り返(かえ)り「練習(れんしゅう)もしたくなく、外に出たくもなかった。でも今辞(いまや)めたら、後悔(こうかい)すると思った」と明(あ)かし、挫折した時のアドバイスとして「私(わたし)は泣(な)いたり、友人(ゆうじん)に電話(でんわ)したり、散歩(さんぽ)したりする」と答(こた)えた。

 夢実現(じつげん)のためにしてきたことを問(と)われると、「トレーニング」と即答(そくとう)。「次(つぎ)の北京(ペキン)五輪に向かって頑張(がんば)りたい。引退後は人を支(ささ)えられる存在(そんざい)になりたい」と語った。

 出場した平昌五輪について「選手村(むら)からスキー場(じょう)行きのバスを待(ま)っても来(こ)なくて。知らない間に時間が変更(へんこう)になっていた」などの裏話(うらばなし)も披露(ひろう)し、生徒(せいと)は興味深(きょうみぶか)げな様子(ようす)で話(はなし)を聞(き)いていた。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)冬季五輪(とうきごりん)が開催(かいさい)された平昌(ピョンチャン)がある国はどこでしょう。

 a 韓国(かんこく)  b 北朝鮮(きたちょうせん)

 c 中国(ちゅうごく)

(2)石川選手(せんしゅ)が出場(しゅつじょう)したアルペン種目(しゅもく)は何ですか。

 a 滑降(かっこう)  b 回転(かいてん)

 c 大回転(だいかいてん)

(3)石川選手が引退(いんたい)を考えたのはどんな時でしたか。

 a 練習(れんしゅう)で転倒(てんとう)し、脚(あし)にけがをした時(とき)

 b スキーが楽しくなくなった時

 c 成績不振(せいせきふしん)でナショナルチームを外(はず)されたとき

発展問題にチャレンジ

(1)石川選手(いしかわせんしゅ)が挫折(ざせつ)を乗(の)り越(こ)える時はどうすると話しましたか。

 a トレーニング

 b 家(いえ)にこもって、誰(だれ)とも話(はな)さずじっと我慢(がまん)する

 c 泣(な)いたり、友人(ゆうじん)に電話したりする

(2)四年後の冬季五輪(とうきごりん)の開催場所(かいさいばしょ)はどこですか。

 a 平壌(ピョンヤン)  b 北京(ペキン)

 c 札幌(さっぽろ)

(3)滑走(かっそう)のスピードを競(きそ)うアルペンスキー種目(しゅもく)と違(ちが)って、距離(きょり)、ジャンプ、複合(ふくごう)を総称(そうしょう)した種目は何ですか。

 a モーグル

 b ノルディック

 c フリースタイル

小学校中学年以上(いじょう)

 平昌五輪(ピョンチャンごりん)に出場(しゅつじょう)した石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)の石川晴菜選手(いしかわはるなせんしゅ)が「先生(せんせい)」となった授業(じゅぎょう)をのぞいてみよう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは8月11日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本(きほん)問題(1)a (2)c (3)c ▽発展(はってん)問題(1)c (2)b ▽7月22日の発展問題(3)の答(こた)えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索