トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】ルリイトトンボ すみかの池 守りたい

雌雄(しゆう)でハートの形(かたち)を作(つく)りながら交尾(こうび)するルリイトトンボ

写真

 石川県能美市(いしかわけんのみし)の市天然記念物(てんねんきねんぶつ)の池(いけ)「蟹淵(がんぶち)」に生息(せいそく)するルリイトトンボ(県絶滅危惧I)類(ぜつめつきぐいちるい))が最近(さいきん)、激減(げきげん)しています。どうしてでしょうか。

 ■掲載(けいさい) 6月30日朝刊(ちょうかん)かが白山面(はくさんめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 県の絶滅危惧I類(ぜつめつきぐいちるい)に指定(してい)されている「ルリイトトンボ」が生息(せいそく)する能美市天然記念物(のみしてんねんきねんぶつ)の池(いけ)「蟹淵(がんぶち)」(鍋谷町(なべたにまち))で近年(きんねん)、個体数(こたいすう)が激減(げきげん)している。土砂(どしゃ)の流入(りゅうにゅう)と散策者(さんさくしゃ)の踏(ふ)み荒(あ)らしが原因(げんいん)で、市博物館友(はくぶつかんとも)の会会員(かいかいいん)の安田二三男(あんだふみお)さん(71)は「調査(ちょうさ)はしてないが、感覚的(かんかくてき)には五年前の三分の一ほどに減(へ)った」という。「踏(ふ)み荒(あ)らしは心遣(こころづか)い一つで防(ふせ)げる。生活場所(せいかつばしょ)に踏(ふ)み入(い)れず、距離(きょり)を置(お)いて観察(かんさつ)して」と呼(よ)びかけている。

 白山市(はくさんし)の県ふれあい昆虫館(こんちゅうかん)によると、ルリイトトンボは体長(たいちょう)四センチほど。雄(おす)は鮮(あざ)やかな瑠璃色(るりいろ)、雌(めす)は緑色(みどりいろ)で五月から八月にかけて観察(かんさつ)できる。市によると、蟹淵は標高(ひょうこう)二六八メートルに広がる周囲(しゅうい)三百メートルの大池(おおいけ)。体色(たいしょく)の美(うつく)しさと、交尾(こうび)をする際(さい)に雌雄(しゆう)が描(えが)くハート形(がた)が人気(にんき)で、多(おお)くの散策者(さんさくしゃ)が蟹淵を訪(おとず)れる。

 土砂(どしゃ)の流入(りゅうにゅう)は約四年前から。池に注(そそ)ぐ沢(さわ)が大雨(おおあめ)による増水(ぞうすい)で砂(すな)を運(はこ)び、池の淵(ふち)に堆積(たいせき)。ルリイトトンボが交尾(こうび)、羽化(うか)するカンガレイや、産卵(さんらん)するヒツジグサなどの水生植物(すいせいしょくぶつ)が埋(う)まった。

土砂(どしゃ)が堆積(たいせき)し、散策者(さんさくしゃ)が入るようになった水生植物(すいせいしょくぶつ)の生育土壌(せいいくどじょう)=石川県能美(いしかわけんのみ)市鍋谷町(なべたにまち)の蟹淵(がんぶち)で

写真

 さらに土砂の堆積で、以前(いぜん)は水に漬(つ)かっていた水生植物が生息(せいそく)する土壌(どじょう)に人が入るようになり、荒(あ)らされるようになった。安田さんによると、十年前に比(くら)べ、カンガレイは二分の一、ヒツジグサは十分の一に減(へ)った。「水生植物の減少に伴(ともな)い、ルリイトトンボも減っている」と話す。

 市博物館は(六月)二十二日、水生植物の生息地と散策路(さんさくろ)の間(あいだ)に立(た)ち入りを制限(せいげん)するロープを張(は)った。安田さんは「間近(まぢか)で観察したい気持(きも)ちは分かるが、ルリイトトンボの保護(ほご)が何より大切(たいせつ)。その一歩(いっぽ)が貴重(きちょう)なすみかを奪(うば)っていると想像(そうぞう)して」と訴(うった)えている。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)能美市(のみし)の「蟹淵(がんぶち)」に生息(せいそく)する石川県(いしかわけん)の絶滅危惧I類(ぜつめつきぐいちるい)に指定(してい)されている生物(せいぶつ)は何ですか。

 a ハッチョウトンボ

 b ルリイトトンボ

 c カンガレイ

(2)ルリイトトンボは何色(なにいろ)ですか。

 a 雄(おす)は緑(みどり)色、雌(めす)は瑠璃(るり)色

 b 雄は瑠璃色、雌は緑色

 c 雄、雌とも瑠璃色

(3)蟹淵の周囲(しゅうい)の長さはどれだけですか。

 a 268メートル  b 300メートル

 c 1000メートル

発展問題にチャレンジ

(1)ヒツジグサはルリイトトンボにとってどんな役割(やくわり)をはたしますか。

 a 水分(すいぶん)をとる場所(ばしょ)

 b 産卵(さんらん)する場所

 c 休息(きゅうそく)する場所

(2)ルリイトトンボが交尾(こうび)する際(さい)、2匹(ひき)でどんな形(かたち)を作(つく)りますか。

 a 円(えん)  b ハート形(がた)

 c ひし形

(3)安田(あんだ)さんが「その一歩(ぽ)が貴重(きちょう)なすみかを奪(うば)っていると想像(そうぞう)して」と言っているのは、どんな意味(いみ)ですか。

 a ルリイトトンボを観察(かんさつ)してはいけない

 b 蟹淵(がんぶち)に近づいてはいけない

 c 蟹淵の水生植物(すいせいしょくぶつ)の生息(せいそく)地に、立ち入ってはいけない

小学校中学年以上(いじょう)

 石川県能美市(いしかわけんのみし)の「蟹淵(がんぶち)」でルリイトトンボが激減(げきげん)しているが、どうしてか。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは7月28日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)b (3)b▽発展(はってん)問題(1)b (2)b ▽7月1日の発展問題(3)の答(こた)えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索