トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】水族館の前副館長 能登沖の生き物まとめ 地元漁業者に冊子贈る

漁業者(ぎょぎょうしゃ)に自費出版(じひしゅっぱん)した冊子(さっし)を手渡(てわた)す池口新一郎(いけぐちしんいちろう)さん=石川県七尾(けんななお)市能登島●目(のとじまえのめ)町で

写真

 石川県七尾(けんななお)市ののとじま水族館(すいぞくかん)の前副館長(ぜんふくかんちょう)が能登(のと)の魚に関(かん)する冊子(さっし)を自費出版(じひしゅっぱん)しました。五百七十種(しゅ)を収録(しゅうろく)。これまで協力(きょうりょく)してもらった地元の漁業者(ぎょぎょうしゃ)に感謝(かんしゃ)の意(い)を込(こ)めて贈(おく)りました。

 ■掲載(けいさい) 4月2日能登面(のとめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 七尾(ななお)市ののとじま水族館(すいぞくかん)を三月末(まつ)で定年退職(ていねんたいしょく)した池口新一郎前副館長(いけぐちしんいちろうぜんふくかんちょう)(60)が、能登沖(のとおき)の生(い)き物(もの)に関(かん)する長年(ながねん)の記録(きろく)をまとめた冊子(さっし)「能登の魚」を自費出版(じひしゅっぱん)した。これまで支(ささ)えてくれた地元(じもと)の漁業者(ぎょぎょうしゃ)に、感謝(かんしゃ)の意(い)を込(こ)めて配布(はいふ)した。

 池口さんは、能登沖に生息(せいそく)する生き物を調(しら)べるため、早朝(そうちょう)に七尾市や志賀(しか)町などの漁港(ぎょこう)に足を運(はこ)び、捕獲(ほかく)データや撮影(さつえい)など記録を続(つづ)けてきた。珍(めずら)しい生き物が捕(つか)まると、漁業者から連絡(れんらく)を受(う)けることも多く、水族館に運んで展示(てんじ)することもあった。

 今回、退職することになり、これまでの記録を冊子にまとめた。収録(しゅうろく)されているのは、五百七十種(しゅ)。漁業者から種類(しゅるい)を聞かれることがあったため、似(に)ている個体(こたい)の見分け方を、写真(しゃしん)とともに解説(かいせつ)している。

 持(も)ち運(はこ)びがしやすいようにA(エー)5判(はん)で、千部(ぶ)を作製(さくせい)。情報提供(じょうほうていきょう)への感謝を込めて、漁業者に贈(おく)った。●目大敷網(えのめおおしきあみ)(七尾市能登島●目(のとじまえのめ)町)の坂本朱美(さかもとあけみ)さん(64)は「私(わたし)たちも分からない魚を教えてもらったりと、いろいろお世話(せわ)になったのでうれしい」と話(はな)した。

 池口さんは「珍しい魚があったら冊子で調べてもらい、これからも水族館に情報提供してほしい」と語(かた)った。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

 ●は、魚へんに爰

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)池口新一郎(いけぐちしんいちろう)さんが自費出版(じひしゅっぱん)した冊子名(さっしめい)は何ですか。

 a 石川の魚  b 加賀(かが)の魚

 c 能登(のと)の魚

(2)冊子に収録(しゅうろく)されている生き物(もの)は何種類(しゅるい)ありますか。

 a 150  b 570

 c 1000

(3)池口さんが漁業者(ぎょぎょうしゃ)に冊子を配布(はいふ)したのはどうしてですか。

 a いままでお世話(せわ)になったので、感謝(かんしゃ)の意(い)を込(こ)めた

 b 魚をたくさん捕(つか)まえてほしいから

 c 魚の種類を多く知ってほしかったから

発展問題にチャレンジ

(1)冊子(さっし)の内容(ないよう)で、違(ちが)っているものはどれですか。

 a 似(に)ている個体(こたい)の見分け方を解説(かいせつ)している

 b 魚の写真(しゃしん)が載(の)っている

 c 飼育(しいく)の仕方(しかた)が載っている

(2)能登(のと)などで春の魚といわれ、2隻(せき)の船で網(あみ)を引いて捕獲(ほかく)する魚は何ですか。

 a ブリ

 b スルメイカ

 c サヨリ

(3)のとじま水族館(すいぞくかん)に展示(てんじ)されている世界最大(せかいさいだい)の魚類(ぎょるい)は何ですか。

 [        ] 

小学校中学年以上(いじょう)

 石川県七尾(けんななお)市ののとじま水族館前副館長(すいぞくかんぜんふくかんちょう)が自費出版(じひしゅっぱん)した冊子(さっし)「能登(のと)の魚」について知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは5月5日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)b (3)a ▽発展(はってん)問題(1)c (2)c ▽4月15日の発展問題(3)の答えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索