トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】輪島塗バイオリン渡米へ 国内最後の演奏会 中学生も感激

美(うつく)しい音色(ねいろ)を響(ひび)かせる輪島塗(わじまぬり)のバイオリン(左)=石川県輪島(けんわじま)市門前(もんぜん)中学校で

写真

 石川県輪島(けんわじま)市の伝統工芸(でんとうこうげい)・輪島塗(わじまぬり)のバイオリンが米国(べいこく)の美術館(びじゅつかん)に収蔵(しゅうぞう)されることになりました。このほど市内(しない)の中学校で国内最後(こくないさいご)の演奏(えんそう)会があり、すてきな音色(ねいろ)を響(ひび)かせました。

■掲載(けいさい) 3月13日能登面(のとめん)

参考(さんこう)の記事(きじ) 

 米国(べいこく)のボストン美術館(びじゅつかん)に収蔵(しゅうぞう)される輪島塗(わじまぬり)のバイオリンの音色(ねいろ)が(三月)十二日、輪島(わじま)市門前(もんぜん)中学校で披露(ひろう)された。五月中旬(ちゅうじゅん)に渡米(とべい)する予定(よてい)で国内(こくない)では最後(さいご)の演奏(えんそう)となった。製作(せいさく)に携(たずさ)わった輪島塗職人(しょくにん)や生徒(せいと)たち、教職員(きょうしょくいん)ら約(やく)五十人が美(うつく)しい音色に耳を傾(かたむ)けた。

 弦楽器(げんがっき)の素晴(すば)らしさを知ってもらおうと同校(どうこう)が音楽(おんがく)の授業(じゅぎょう)を活用(かつよう)して演奏会を企画(きかく)し、地元(じもと)の輪島塗のバイオリンも使(つか)われることになった。オーケストラ・アンサンブル金沢(かなざわ)のルドビート・カンタさんとOBの大村俊介(おおむらしゅんすけ)さんらが出演(しゅつえん)した。 輪島塗の楽器(がっき)が登場(とうじょう)したのは演奏会の最後。輪島塗のチェロとボストン美術館に展示(てんじ)予定のバイオリンで、日本の曲(きょく)のメドレーを披露した。深(ふか)みのある漆(うるし)の色合いが見る人の注目(ちゅうもく)を集(あつ)め、心地(ここち)よい音色で音楽の世界(せかい)にいざなった。

 中学二年の西琉弥(にしりゅうや)さん(14)は「今まで見たことのある楽器の中で最(もっと)もきれい。目をつぶって音色を聴(き)いていると心が楽になっていく気がする」と感激(かんげき)した様子(ようす)だった。

 バイオリンを製作した輪島塗職人の八井汎親(やついひろちか)さん(80)は五年にわたって試行錯誤(しこうさくご)を繰(く)り返(かえ)してきた。「私(わたし)は人間国宝(にんげんこくほう)でも立派(りっぱ)な作家(さっか)でもない。ただの職人だが、一生懸命取(いっしょうけんめいと)り組(く)めば世界に向(む)けて発信(はっしん)できる」と生徒たちに語(かた)り掛(か)けていた。

■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題) 

(1)輪島塗(わじまぬり)のバイオリンはどこに収蔵(しゅうぞう)されますか。

 a イギリス・大英博物館(だいえいはくぶつかん)

 b フランス・ルーブル美術館(びじゅつかん)

 c アメリカ・ボストン美術館

(2)輪島塗のバイオリンの特徴(とくちょう)は何ですか。

 a 外観(がいかん)が深(ふか)みのある漆(うるし)の色合い

 b 低音(ていおん)がよく響(ひび)く

 c 軽(かる)くて扱(あつか)いやすい

(3)演奏(えんそう)した曲(きょく)は何ですか。

 a アメリカのフォークソング

 b 日本の曲

 c バイオリン協奏曲(きょうそうきょく)

発展問題にチャレンジ  

(1)バイオリンと一緒(いっしょ)に演奏(えんそう)した楽器(がっき)は何ですか。

 a ギター

 b チェロ

 c クラリネット

(2)北陸(ほくりく)で輪島以外(わじまいがい)に漆器(しっき)が生産(せいさん)される地域(ちいき)はどこですか。

 a 金沢(かなざわ)  b 高岡(たかおか)

 c 山中(やまなか)

(3)輪島塗(わじまぬり)の技法(ぎほう)の一種(いっしゅ)で、器(うつわ)の表面(ひょうめん)に溝(みぞ)を付(つ)けて箔や金粉(きんぷん)などを埋(う)め込(こ)む技法は何ですか。

 a 螺鈿(らでん)  b 蒔絵(まきえ)

 c 沈金(ちんきん)

小学校中学年以上(いじょう)

 5月にも米国(べいこく)の美術館(びじゅつかん)に収蔵(しゅうぞう)されることになっている輪島塗(わじまぬり)のバイオリンについて知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは4月7日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上(あ)げます。

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)a (3)b ▽発展(はってん)問題(1)b (2)c ▽3月18日の発展問題(3)の答(こた)えはbです。 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索